【Diverの使い方】ショートコードを作る共通コンテンツが便利すぎるッ!

WordPress有料テーマ「Diver」を購入して良かったと思える機能の一つが、「共通コンテンツ」というもの。

ファーストブログは無料テーマを使っていましたが、アフィリリンクの管理が面倒だということに気付いたのは記事数がかなり増えてきた頃。

商品の内容が変更になった、販売が終了した、そういった案内がASPから届くたびに、リンクコードの差し替えや削除でげんなりしていたのが…

Diverの共通コンテンツを使うと、プラグイン無しでリンクコードの一括管理が出来てしまいます!

分かりやすくいうと、定型文のような機能だと思ってもらえればOK。

きじとら
そこで今回は、「共通コンテンツ」の作り方・使い方をまとめてみました。

Diverで共通コンテンツを新規作成する

アフィリエイトリンクを共通コンテンツに登録する

まずはアフィリエイトしたい商品のリンクを作成、コードを取得しておきます。

(A8.netの場合はこんな感じ↓)

ダッシュボード⇒共通コンテンツより、新規作成を行います。

ブルー
クラシックエディターの画面でごめんな

普段記事を作成する時と同じように、アフィリリンクならテキストエディターを使って、リンクコードや固定文を入力。

タイトルの入力も忘れずに。(管理用タイトルなので、自分でわかりやすくすればOK)

出来たら公開をクリック。

作成したショートコードが共通コンテンツ一覧として表示されます。

商品の変更などがあった場合は、この共通コンテンツを変更することで、個別記事の内容(リンクコード)が一括で変更されます。

ちゃとら
リンクを貼った記事を探して、いちいち変更しなくてもいいのね。

入力補助を使って、ボタンや囲い枠のショートコードも作成できる

共通コンテンンツの作成には、Diverの入力補助がまんま使えるので、

商品リンクのボタンや、囲い枠のショートコードを共通コンテンツとして登録することもできます。

きじとら
このブログだと、カスタマイズについて触れることが多いから、注意点を毎回入力するより、共通コンテンツでショートコードを呼び出せたほうが、記事作成もスムーズなんです。

例えば以下のように、カスタマイズに関する記事を作成する際に、予め注意点を共通コンテンツに登録しておくと…。

挿入したい場所で、エディタ内の「共通コンテンツ」を開くと、

このように、登録しておいたコンテンツのショートコードを呼び出すことができます。

※クラシックエディタでの呼び出しはバージョン4.6.5以降

使いたいショートコードを選択して、右下の「選択した共通コンテンツを挿入する」をクリックすると、

記事内にショートコードが挿入されます。

実際の記事ではこのように表示されます↓

ブルー
毎回これを入力しなくて済むのは便利だな

だからって、なんでもかんでも共通コンテンツを使ってしまうと、重複コンテンツとみなされる場合があるので使いすぎには注意が必要です。

はち
関連記事も同じようにショートコードの機能を使ってるんだよね

Diverの共通コンテンツの使い方まとめ

ショートコードの作成・編集ができる共通コンテンツ。

  • 商品リンクのコード管理
  • 定型文の挿入

など、ブロガー必須の機能となっています。

使い方も、通常の記事作成と同じ要領でできてしまうので、ぜひ時短アイテムとして活用してみてくださいねー!

 

このブログはWordPressテーマ「Diver」を使用しています

ブログの収益化・効率化を狙うならテーマによるSEO対策や操作性は大事な要素の一つ。

WordPressテーマ「Diver」は初心者にも使いやすく、自分色のブログを作りやすいサイト構造が特長。

人と被るようなブログにしたくない!そんなあなたにおすすめのテーマです。

ブルー
当サイトからのDiver購入者限定特典もあるんだな

はち
可愛いブログを作りたいけど、カスタマイズしてる時間ない!そんな人は必見だね

ちゃとら
ブログ作りの時間短縮をお手伝いする秘伝のレシピなの
おすすめの記事