Diverで使用しているプラグイン(使わなくなったプラグインも紹介)

当ブログではWordPress有料テーマ、「Diver」を使用しています。

WordPressの使用にあたって、初期設定で悩むことの一つにプラグインの導入があると思いますが、

当ブログで使用しているプラグイン一覧、またDiverを購入してから使わなくなったプラグインをまとめてみました。

ぶち

使用するテーマによって、必要なプラグインが違ったりするからややこしいんだよね…

Diverで使用しているワードプレスプラグイン一覧

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
記事のコメント欄を開放している場合、英語圏からのスパムコメントが多くなることがあります。そんなスパムコメントを対策をしてくれるプラグイン。

Broken Link Checker
リンク切れを通知してくれるプラグイン。

Google XML Sitemaps
クローラーロボット用のサイトマップを作成するプラグイン。

Ninja Forms
お問合せフォーム用プラグイン。

Contact Form 7も有名ですが、フォームのカスタマイズが簡単にできるこちらをチョイスしています。

>>Ninja Formsの設定はこちら

PS Auto Sitemap
人間(ユーザー)用のサイトマップを作成するプラグイン。

Table of Contents Plus
個別記事の目次を表示するプラグイン。

UpdraftPlus - Backup/Restore
WordPressのバックアッププラグインは他にもありますが、作ったサイトをバックアップも復元もできるこちらを使ってます。

WP Multibyte Patch
WordPressを日本語で使用する際に、文字化け対策などをしてくれるプラグイン。

(標準で搭載されているので、手動で有効化する)

ブルー
でもさ、ここで紹介しているプラグインを自分のワードプレスにいちいち1つずつコピペして入れるのって、すんごく面倒なんだよな

そんな方はこちら必見↓

必須ではないものの、利用しているプラグイン一覧

Edit Author Slug
ユーザー名(ログインID)がバレるのを防ぐプラグイン。

EWWW Image Optimizer
画像を圧縮し、サイトの表示スピードUPに役立つプラグイン。
(使用する画像やアップロード前の処理によっては不要)

WebSub/PubSubHubbub
記事を更新したことをGoogleにいち早く知らせてくれるプラグイン。

自分の記事がオリジナルであることを主張する意味合いも持ちます。
(サーチコンソールからのサイトマップ送信もリアルタイム通知が可能となっており、必要性については意見が分かれています)

.html on PAGES
固定ページの URL 末尾を html にする.html on PAGES
(あまり関係ない?意味がないという意見も)

SiteGuard WP Plugin
WordPress管理画面へのログインを保護するセキリュティプラグイン。

※有効化するとログインURLが変更になるので注意(ブックマークし直す)

WP-PostViews
WordPress管理画面で記事毎のアクセスがわかるプラグイン。並べ替えもできるので、需要の無い記事をピックアップしてリライトすることもできます。

Classic Editor
WordPress5.0以降の新エディタ、「Gutenberg」に挑むも1週間で挫折したきじとらさんには必須のプラグイン。

きじとら
これのおかげで記事投稿のスピードが落ちずに済んでます。(Gutenbergに慣れてた方がいいとはいうけど…無理)

インストールしているが有効化していない(未使用の)プラグイン一覧

WordPress Popular Posts
人気記事をサイドバーに表示

※追記
人気記事のデータはDiverバージョン4.6.0から、WordPress Popular Posts不要で設定できるようになってたので使いません。

AddQuicktag
よく使うタグやショートコード、定型文などをあらかじめ登録しておける

※追記
会話機能でとうとうAddQuicktagを使う機会がやってきました。

こちらであわせて使い方も紹介しています。時短になるのでやっぱり必須プラグインにしておきたいです。

TinyMCE Advanced
ビジュアルエディタの拡張プラグイン

使用するかどうかまだ微妙なところです。(多分使わないと思う)

Diverにしてから使わなくなったプラグイン一覧

当ブログでも使っているWordPressテーマ、「Diver」を購入してから使わなくなったプラグインがこちら。

Shortcodes Ultimate

ボックスやラベルなどブログの様々なビジュアルを実装できるプラグイン。

Jetpack by WordPress.com

関連記事やSNSとの連携など便利な機能がつまってるプラグイン。

All In One SEO Pack

SEO対策プラグイン。

きじとら
Diverならプラグイン不要でSEO対策が施されていますし、関連記事やSNS連動もデフォルト機能。入力補助機能を使えば、枠やアイコンなども楽々挿入できます。

WordPressに必要なプラグインはいくつ?

WordPressで使えるプラグインは星の数(←大げさ)ほどありますが、便利だからとあれも、これもとインストールしてしまっては、サイトが重くなったり、使用しているバージョンやテーマとの相性が良くない場合もあります。

じゃあ、いくつまでのプラグインを入れていいのかという答えはないんですが、(20個を超えるのは入れすぎという意見も多い)

「便利だから使う」という考え方ではなく、「必要最低限のものだけ使う」という考え方で絞り込んだほうが得策ではないかな、と思います。

多すぎるプラグインは管理も面倒ですし、かといって定期的なアップデートを怠るとハッキングされる可能性が高まります。

きじとら
サイトの安定と安全性を求めるなら、適度なプラグインを最新のバージョンで利用していくことが一番です
コメント一覧
  1. 。たくみ より:

    こんにちわ☆
    Diver購入検討しています。勿論こちらのサイトからです。
    プラグインインストールする前にこちら購入した方が良いですか?
    ALLINSEOPACK、WPバックアップなどのプラグインを先にインストールしてますが大丈夫でしょうか?

    少しサポート頂けるとありがたいです。
    返信宜しくお願いいたします。

    • きじとら より:

      たくみ様

      こんにちは。
      お返事が遅くなってしまって申し訳ございません…!
      お問い合わせいただいて、ありがとうございます。

      >プラグインを先にインストールしてますが大丈夫でしょうか?

      私も実際、複数プラグインを入れた状態で無料テーマからDiverに変更していますが
      大丈夫でした。
      (プラグインによってはテーマとあわないもの、不要なものがないとも言い切れません)

      ですが、All in SEO packは機能がDiverと重複してしまうので不要です。

      現在の有料テーマのほとんどはSEO対策済なので、
      かえってAll in SEO packが邪魔をしてしまう、
      重くなる、といったデメリットがあります。

      ただし、既に記事が入っている(All in SEO packを使用している)
      ブログのテーマをDiverに変更されるのでしたら、
      メタディスクリプションなどの再登録などが必要になってしまうかもしれません。
      (All in SEO pack未使用なのでハッキリ申し上げられずごめんなさい)

      私なら、All in SEO packを使わずに、閲覧数の多い記事から修正していくかな、と思います。

コメントを残す

CAPTCHA


関連キーワード
プラグインの関連記事
このブログはWordPressテーマ「Diver」を使用しています

ブログの収益化・効率化を狙うならテーマによるSEO対策や操作性は大事な要素の一つ。

WordPressテーマ「Diver」は初心者にも使いやすく、自分色のブログを作りやすいサイト構造が特長。

人と被るようなブログにしたくない!そんなあなたにおすすめのテーマです。

ブルー
当サイトからのDiver購入者限定特典もあるんだな

はち
可愛いブログを作りたいけど、カスタマイズしてる時間ない!そんな人は必見だね

ちゃとら
ブログ作りの時間短縮をお手伝いする秘伝のレシピなの
おすすめの記事